第14回 書道部会会員展

By | 2018年5月9日

平成30年3月16日(金)~18日(日)、東御市中央公民館講堂において第14回書道部会会員展が開催されました。

会場に入ると書の作品51点に囲まれ、何か清らかな空間を感じました。書には、筆のはこび方から何か見る人の心にうったえてくる物があります。そして不思議な力が働きます。書に精通している人であれば、すぐにそれが何かがわかるのでしょうが、一般の人にはなかなかわかりにくいこともあります。でも、それを見ることで何か心に響くものが有れば、その人の心の栄養になっていくと思います。日本古来の芸術の書道、墨を擦って心を落ち着かせその過程で心の統一をはかり一筆を書く。この忙しない現代社会にこそ、こういう心に余裕の時間を取り入れたい物ですね。

 

 

広報委員 天野