第39回 東御市民謡部会発表会

By | 2018年8月1日

平成30年6月24日(日)午前10時から東御市文化会館サンテラスホールにおいて、第39回東御市民謡部会発表会が開催されました。オープニングに尺八・太鼓・三味線で黒田節の演奏がされました。引き続き三味線の大合奏のあと、日本の北、北海道の民謡「北海盆唄」を先頭に日頃鍛えたのど自慢の始まりです。腹の底から大きな声を出して唄うことは心身共にリフレッシュしてストレス解消にも良さそう。そんな歌声が広いホールいっぱいに響き渡り、とても気持ちよさそうに唄っていました。途中お昼前に式典が行なわれました。昼食後、雷電の里相撲甚句会の会員による相撲甚句に始まり、日本各地のくらしの中から生まれた民謡がホールにこだましていました。

 

広報委員 天野