第10回 彩明会会員展

By | 2019年2月25日

第10回 彩明会会員展

平成31年2月18日(月)から2月24日(日)まで東御市文化会館(サンテラスホール)展示室で絵画部会彩明会による、第10回 彩明会会員展が開催されました。平成20年から活動している彩明会は現在会員9名。「会は荻原芳雄先生に指導を受けながら月に1回、冬期の1~3月及び12月は祢津公民館で静物画を、他の月には屋外で風景画を描いています。さらに年1回は写生旅行を行っています」。そして平成22年から、前年に描いた絵を中心に展示する会員展を毎年行っていて、今回が第10回。今回は1人4点ずつ、都合36点が出展されました。記念すべき第10回と言うことで、今回は昨年中に描いたものばかりではなく、会員がこれまでに描いたものの中で気に入っている作品も展示されている由。36点の中には60号1点、50号3点など例年にまして大作が多く見られましたし。また、展示作品では写生旅行で描いたと思われる風景画が多いようでした。会員の自信作が展示されていることもあり、力作揃い、例年にまして見応えのある展示会になったという印象を受けました。会場には新会員募集の告知がありました。

 

広報委員 太田